blog index

林歯科診療所

京都の歯医者林歯科診療所 院長日記
<< 驚きの歯と全身の健康との関係 | main | 老舗の旅館を体験し、複雑な心境です >>
失った歯ぐきがよみがえる再生医療の最前線
京都・下京区・丹波口駅・七条の林歯科診療所では、以前より歯周病で失った骨を再生させるためにGTR法エムドゲイン法を用いた再生医療を行っておりました。
しかしあるときから患者さんから強く希望される場合以外では、ほとんど行わなくなりました。

この再生療法、手術による負担が大きく治療費も高額になる割には、思ったほど骨の再生量が得られないのが正直なところです。
そこでどうも私は今までの再生療法では、患者さんに大きなご負担を与えるだけの対価が得られないと思い、徐々に消極的になってまいりました。

その結果、現在再生医療をほとんど行わなくなってしまったのですが、私自身がこの再生療法に対する関心が薄れているわけではなく、もっと画期的な治療法の開発を切望しております。

そんな中、先日東京医科歯科大学山口朗先生による、骨の再生医療研究の最前線についてのお話を聴いてまいりました。
山口先生は一貫して骨の再生に関して分子レベルからの基礎医学を研究されており、今までに数多くの研究成果を発表されて来られています。
今回はその長年の研究成果のうち選りすぐりをご講演いただきまして、夢のある将来の臨床応用が期待され、とてもわくわくしながら受講してまいりました。

以前より私は将来の歯科医療を担っていく中で、再生医療に求められる分子生物学や発生生物学といった基礎的知識は必要だと思っておりましたが、山口先生のお話を聴いてますますその思いが強くなりました。


| seiji0024 | 研究開発 | 08:21 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする


この記事のトラックバックURL
http://hayashi-shika.jugem.jp/trackback/455
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

bolg index このページの先頭へ