blog index

林歯科診療所

京都の歯医者林歯科診療所 院長日記
<< ”下京区ふれ愛ひろば”にて歯の健康イベントを開催します | main | 歯のひろばに多数、ご参加いただきありがとうございました >>
大阪デンタルショーに行ってきました
京都・下京の林歯科診療所は先日、大阪で開催された大阪デンタルショーにスタッフ総出で行ってまいりました。

この展示会は毎年、近畿・北陸各府県の歯科医師会が持ち回りで行う近畿北陸歯科医学大会にあわせて行われているものですが、今年はその歯科医学大会が翌日の7日で、下京歯科医師会の歯のひろばと日程が重なってしまったため、前日から行われているこの展示会のみの参加となりました。

今回、大阪での開催とあってさすがに出展業者の数・規模とも他の都道府県開催よりも多く、たいへん熱気を帯びていました。
しかし昨今の歯科業界不況のせいか、一時よりかかなり華やかさがなくなっているような印象も受けました。

今回特に、私が注目した機器が新型のマイクロスコープ(手術用顕微鏡)とCAD/CAMシステム(コンピューターでセラミックブロックを自動で削りだす機械)で、実際にこの2つを手にとって体験してまいりました。

新型のマイクロスコープですが、レンズの性能もさることながら新しい照明システムと画像管理システムで、鮮明な画像でありながらとても使いやすくなっていました。

CAD/CAMシステムですが、従来は歯型を採って詰め物・かぶせ物を行っていたことを、歯型の代わりに歯の写真を撮ってそれをコンピューター処理して、そこから得られた設計からセラミックブロックを削りだして即日で歯に入れる方法です。操作時間などを入れても写真を撮ってからおおよそ30分で高精度なセラミックが入ります。

どちらも大変すばらしい性能で、感心のため息が連続していましたが、実際に導入するとなるととても高額な機器のため、この機器が無くてはできない治療が実際にどの程度ニーズがあって、しかもどのくらい潜在的なニーズも含め掘り起こせるか、考えないとかえって医院運営を傾かせてしまうことにもなってしまうため、当面熟慮しようと思っております。
| seiji0024 | 歯科全般 | 07:56 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする


この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

bolg index このページの先頭へ