blog index

林歯科診療所

京都の歯医者林歯科診療所 院長日記
<< 新体験のコミュニケーション術 | main | ちょっとしたクリスマス >>
人の時間を拘束する重みを感じる
京都・下京区・七条の林歯科診療所では基本、予約制の診療体系を取っております。

これにはいくつか重要な理由がございます。

まず感染予防対策の徹底です。
自院のキャパシティーを超える患者数を受け入れてしまうと、医療安全面、特に感染予防に対する準備がおろそかになります。

それから十分な治療時間の確保です。
多くの方が、せっかく歯科医院に来たのだからある程度、内容ある治療を受けたいとお思いではないでしょうか?そのためにはある程度まとまった治療時間の確保が必要です。

もう一つ重要なことが、説明の時間です。
毎回毎回、懇切丁寧に説明する必要があるわけではございませんが、治療の節目節目では治療方針や治療計画についてじっくり説明していかねば、行き違いの原因にもなってしまいます。

このような理由で当院では出来うる限りの時間を確保して、皆様の臨床に当たっております。
裏を返せば、直前や無断でキャンセルされてしまうと、我々のこのような努力も全て水の泡になってしまい、医院運営に大きな打撃をもたらすとともに他の患者さんの予約にも大きな妨げとなります。

このようなケースが後を絶たないにも関わらず患者数の増加で予約枠を迅速に確保しづらくなってきたため最近では、予約で多くの方にご協力いただく状況になっております。そのため直前・無断キャンセルしがちの方は、当院では予約をお取りすることをお断りすることにいたしました。

さまざまな受け止め方があるかとは思いますが、このように当院では”時間を確保する”という最大限の誠意を払っております。その分、患者さんの時間も拘束する重みをかみしめて内容ある治療・説明を心がけております。
こういったことを気にせずに、日ごろ気持ちよく臨床に当たりたいものです。

| seiji0024 | スタッフ | 07:56 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする


この記事のトラックバックURL
http://hayashi-shika.jugem.jp/trackback/403
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

bolg index このページの先頭へ