blog index

林歯科診療所

京都の歯医者林歯科診療所 院長日記
<< エビデンスが不足している歯科医療 | main | 新しい体験の”つまようじ法” >>
開業当初の輝き
当院は平成20年の2月に開業して依頼、ずっと定期的に専門業者による床清掃・ワックスがけをしておりました。
床も歯と同様に、きちんと手入れをしないとすぐ痛んでしまうからです。
しかし最近、すこし床の黒ずみが目立つようになってきました。

これは床そのものが痛んだというよりは、蓄積されたワックスがけで古いワックスが着色してきたためです。
そこで今回、開業後はじめてワックス剥離作業を依頼しました。

お願いする前までは果たしてワックス剥離だけで開業当初の状態がよみがえるのか不安でありました。特に当院は土足ですので上履きの医院に比べるとはるかに床の痛みが激しいのでなおさらです。
しかし実際、作業を行っていただいた結果、まさしく開業当初の美しい床によみがえりました。

これもいままで継続的・定期的に床清掃・ワックスがけを行ってきた結果、床そのものはほとんど痛むことがなかったためだと思います。

しかし歯でも同じことが言えると思います。日ごろから定期的にメインテナンスを受けていらっしゃる方は、同じ状態を維持することが出来ますが、相当痛んでしまうまで放置された場合、元には戻らなくなることは、まさしく今回の床と同じだな、と思いふけった次第です。


| seiji0024 | 医院管理 | 08:28 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする


この記事のトラックバックURL
http://hayashi-shika.jugem.jp/trackback/372
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

bolg index このページの先頭へ