blog index

林歯科診療所

京都の歯医者林歯科診療所 院長日記
<< 1日に歯科医師でいる時間 | main | ”様”付けでお呼びすることを止めました >>
怒りに震えた虫歯治療
京都・下京区の林歯科診療所では、現在夏休み中との事もあって他の月と比較して小さな子供が多く来院されます。

そんな中、先日初めて当院に来院されたお子様の口の中を診察して、以前の治療跡を見た瞬間、このお子様がとても気の毒な感情と共に、大人気なく私の感情は怒りに満ち溢れてしまいました。

治療自体はレジンと言う材質で虫歯を削って詰める方法で行われましたが、とても歯科医師のライセンスを持った者が行ったものとは思えないほど、ひどい治療でした。

まず、虫歯が全然取りきれていません。これではただ歯を削る苦痛だけこの子に与えただけで、何の治療にもなっていません。

それから隣の歯も虫歯になっているのですが、隣の歯といっしょに詰め物を丸めて突っ込んでいるために、隣の歯とつながってしまっています。しかし歯は1本ごとに微妙に違う動きをするので、互いに引っ張られた結果、片側が内部で完全に剥がれており、さらに虫歯を悪化させています。

こんな治療をするくらいなら、何もせずに放ったらかしにしているほうがまだ唾液の作用が行き届く分、はるかにマシです。

かわいそうにこの子は、こんな虫歯治療をされたためにその後、痛い思いをさせられています。

この治療をおこなった歯医者は一体何を考えているのかサッパリわかりません。こんないい加減な治療をしてその後、どうなるのかわからないのでしょうか?もしわからないのならもう一度、歯学部で再教育を受けるべきです。

どうなるのかわかっていてこんな手抜き治療をしたのなら、なおさらこんな考えの歯医者はこの世から立ち去るべきです。

仮にこの治療を歯科医師以外のスタッフが行っていたとするなら明らかな法令違反です。私なら大切なスタッフに重大な法に触れるようなことは絶対にさせません。

私は地域住民の方々の医療不信をなるべく増大させたくないので、他の歯科医院の治療で疑問を感じることがあっても、極力発言を控えるように日ごろから心がけております。
しかしこのケースは歯科医師としての倫理観を微塵も感じない許されない事で、ついつい声を荒げてしまいました。

私はこんな治療がまかり通っていることに対して残念で、大人気なく悔しくて気持ちを落ち着かせるのに時間がかかってしまいました。こんな私で治療に時間がかかってしまい、この子に悪いことをしたと反省しているところです。

でも私が一生懸命治療をしている気持ち、この子にも伝わったのか打ち解けてくれています。何か救われたような気持ちになります。
| seiji0024 | むし歯治療 | 10:26 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする


この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

bolg index このページの先頭へ