blog index

林歯科診療所

京都の歯医者林歯科診療所 院長日記
<< 誤った歯みがきは歯や歯ぐきを破壊します | main | 最近、研修に東京に行って感じること >>
食事をおいしく咬むことの価値観
京都・下京区の林歯科診療所では時折、総入れ歯を作って欲しいとのことで来院される方がいらっしゃいます。
しかし当院ではなるべく新しい総入れ歯を作らずに、既存の入れ歯を修理する方針で行っております。
なぜ新しい入れ歯を作らないかと申しますと、作ってもなかなかうまくいかないからです。

これだけお聴きになると、私の技術が無いと思われるかもしれませんが、元来心地よい入れ歯を作るためには莫大な手間と時間がかかります。
しかし健康保険ではこの莫大な手間と時間を担保してくれるものが何もありません。ですから常に一発勝負で作るわけですが、元々一発勝負をしてもうまくいかないものに対して一発勝負しないといけないわけですから、相当の矛盾があります。

当院では「よく咬め吸着する入れ歯」を保険外治療で用意しております。
この入れ歯はうまく吸着して痛くなく咬めるようになるまで何回も仮の入れ歯を改造していきます。
そしてうまくいくようになったところでこの入れ歯のコピーをとって、丈夫な材質で最終の入れ歯を作りますので失敗がありません。
その代わり、仮の入れ歯を作り、うまくいくため何回も改造するので非常に手間がかかります。

365日、食事のたびにうまく咬めなくて歯のことでお悩みで心まで病んでしまいそうな方も多いと思います。確かに当院の「よく咬め吸着する入れ歯」は料金だけ見れば高価に感じられるかも知れませんが、入れ歯のことを気にせずいられる喜びにはかえられないのではないでしょうか?


| seiji0024 | 入れ歯 | 07:59 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする


この記事のトラックバックURL
http://hayashi-shika.jugem.jp/trackback/344
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

bolg index このページの先頭へ