blog index

林歯科診療所

京都の歯医者林歯科診療所 院長日記
<< 身体リスクに配慮した歯科医療 | main | 本質を何も学べなかった者 >>
京都市のこどもフッ素塗布に関する私の見解
京都・下京の林歯科診療所は京都市のフッ素塗布指定医療機関になっております。
この京都市のフッ素塗布事業は京都市在住の2・3歳児に無料でフッ素塗布が受けられる受診券を母子手帳につけています。
無料の事業なので、さすがに多くのお問い合わせをいただきますが、私はこの事業に関して非常に否定的な意見を持っております。

まずこんな高濃度のフッ素を2歳児の口の中に入れることの危険性です。もしやろうとすれば間違いなく無理やり抑制しないとできません。当然、飲み込んでしまったり嘔吐してしまったりと偶発症が耐えないため、当院では2歳児のフッ素塗布は例外なくお断りしております。

それと無料で受けられる、というのはよくありません。タダだから受診する、そしてこのタダの受診で過剰な効果を期待する、こういった親がいるというのも多く認めます。
フッ素塗布で来院された保護者の方には、その後の継続した虫歯予防管理のため、定期的に歯科医院を受診するよう丁寧に説明しているのですが、所詮タダだから来ている人にいくらこんな話をしても寝耳に水になってしまうことがとても多いです。
かつてのように1000円でも自己負担を頂いていた時代のほうが、利用される保護者の方の意識が高くはるかにコミュニケーションが取りやすかったと感じます。

正直、このフッ素塗布では嫌な思いをすることが多いので指定を辞退したいのが本音ですが、家族皆様で当院を信頼して来院してくださる患者様のお子様のためには、どうしてもこの制度は利用しなければなりません。
よって、今後もフッ素塗布事業が京都市で行われる限りにおいては、当院は指定医療機関として責務を全うしていきますが、是非上記の件を踏まえてお子様のために、きちんと我々が管理できる虫歯予防を実践していただきたく思います。
| seiji0024 | 小児歯科 | 09:12 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする


この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

bolg index このページの先頭へ