blog index

林歯科診療所

京都の歯医者林歯科診療所 院長日記
<< 近い将来歯科医師に必要とされる知識 | main | 開業当初の輝き >>
エビデンスが不足している歯科医療
京都・下京区の林歯科診療所では歯周内科マイクロスコープなどの先進技術を積極的に導入しております。
こういったことに対して、一部の同業者より「実績がない治療法だ」とか言われ、批判されることがございます。
こういった先進技術を導入するに当たって、いつも私の頭を悩ますのが、「この治療法、科学的に正しいのだろうか?」といったことです。
元々、私は若いころ研究室にこもって研究していた訳で、一般的な歯科医師の方々と比べてかなり文献などを調べる癖が自然についています。
そうしていくと歯科の世界の研究データがいかに不足しているか、思い知らされます。

結局、新規技術の導入に関して多くは、数少ないデータを自分なりに解釈し、その採否については自分の責任で判断するしかないのが現状です。
ですから私はあまり他の歯医者さんに、「この治療、うまくいく?」などと聞かれることはたびたびあっても、自分から質問することは一切しないことにしています。

というわけで、当院で行っている先進技術は私が自分なりにすばらしい治療法だ、と解釈して取り入れているものばかりです。よって中には一般的でないもののあるかも知れませんが、そのあたりの経緯をご理解いただきたく思います。
| seiji0024 | 研究開発 | 07:49 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする


この記事のトラックバックURL
http://hayashi-shika.jugem.jp/trackback/331
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

bolg index このページの先頭へ