blog index

林歯科診療所

京都の歯医者林歯科診療所 院長日記
<< 何とかして欲しい政府の公益法人改革 | main | 歯の着色について >>
歯科治療に金属を使うことの是非
京都・下京の林歯科診療所では日々、むし歯や入れ歯の治療を行う際、金属をつかう場面に多く遭遇します。
私自身、お口の中に金属を入れることについて、決して積極的に進めているわけではなく、極力金属を使わずに済むようにならないかと考えております。

しかし現実には保険治療の壁や強度の問題から金属を使わざる得ない場面が多く存在します。
そんな中、最近一部の歯科医師から口腔内の金属が原因で、全身のありとあらゆる病気を引き起こすといった触れ込みで高額なセラミック治療をゴリ押しする歯科医院が増えてきました。

確かにセラミック材料は身体への親和性が高く、健康を害することは考えられません。
しかしその一方、セラミック治療は保険外治療になるため、治療費は高額になります。さらにとても硬くてもろいという性質上、接着がとても難しく、歯科医師の高い技術が求められます。

このように前の歯医者さんで脅されてセラミックを入れたけれど数ヶ月で割れてしまって、急遽当院を受診される方が何人もいらっしゃいます。
私自身、セラミック治療は否定しませんし、金属による身体への影響が全く無いわけではないのも重々承知しております。ただ、そこまで患者さんを脅して高額なセラミック治療を行うのであれば、もっと自分の技術を磨いて割れないようにきちんと接着させるべきだと思います。

当院ではロカテックシステムによるセラミック接着で、ほとんど割れることを経験しておりませんが、それでも金属が全てダメだからといって、高額なセラミック治療を勧めるような乱暴なことはしておりません。

特に金属による障害で最も多い金属アレルギーに関しては、まず皮膚科で金属のパッチテストという検査をお受けになられることを当院では推奨しております。

| seiji0024 | むし歯治療 | 15:33 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする


この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

bolg index このページの先頭へ