blog index

林歯科診療所

京都の歯医者林歯科診療所 院長日記
<< 現在の就職難を身近に感じること | main | 歯周病薬物療法の普及について >>
レーザーの導入
京都・下京区の林歯科診療所ではようやくレーザーをこの度導入することとなりました。
かつて私はレーザーに対して否定的でした。
レーザーはあれば便利ですが、別にレーザーが無くても出来ない治療がほとんど無いので、こんな高価な設備を入れるくらいならもっと感染予防などにコストをかけたほうがいいのでは、とずっと考えておりました。
しかしそう思い込んでいたのは、私が一部のレーザーしか見てこなかったからでした。ずっと炭酸ガスレーザーという、国内で最も普及している方式以外、あまり見る機会が無かったからです。
その後、Nd-YAGレーザー・半導体レーザーに直接触れる機会が何度かあり、このレーザーなくしては出来ない数々の臨床に出会い、この度半導体レーザーを導入することとなりました。

このレーザーを使うと今までの臨床と何が違うかといえば、まず歯周病が挙げられます。
理論的には歯周病治療は短期間に一気に行ったほうがいいと思います。
長期間かけるのは、一旦よくなった歯周病を維持・管理するためのものです。

しかし健康保険の問題や、患者様に与えるダメージなどの問題で、歯周病治療を短期間に一気に行うことは今まで出来ませんでした。
このうち健康保険の問題はどうしようもありませんが、このレーザーを使うことで相当患者様へのダメージを減らすことが出来、短期間で一気に行う歯周病治療も現実のものとなってまいりました。

しかもこのレーザー、歯周病治療以外にも様々な用途があります。私も徐々に使いこなして、幅広く活用しようと思います。

| seiji0024 | レーザー | 06:26 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする


この記事のトラックバックURL
http://hayashi-shika.jugem.jp/trackback/297
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

bolg index このページの先頭へ