blog index

林歯科診療所

京都の歯医者林歯科診療所 院長日記
<< 急増する子離れしない出来ない父親 | main | 歯科医院の立地条件 >>
次世代歯周病菌検査の展望
京都・下京・丹波口・七条七本松の歯科・歯医者 林歯科診療所では薬をつかって歯周病治療を行う歯周内科を取り入れております。
その治療過程において位相差顕微鏡による歯周病菌の観察を行っていますが、先日このブログでも取り上げたように顕微鏡検査だけでは判別の難しい歯周病菌を見逃す可能性があります。
そこで非常に高感度な歯周病菌PCR検査の導入が検討されていますが、検査の安定性やコストの問題が非常に多く、現在はとても使い物にならずまだ導入をしていない状況です。

しかしこのPCR検査については実用的な精度・コストのレベルに達するまであともう一歩です。
ただこのPCR検査、測定できたとしても数菌種のDNAしか実際に検査が出来ないため、口腔内に多種多様に存在する歯周病菌や歯周病原性のDNAを網羅することはできません。

そこで今回、日本大学松戸歯学部教授 安孫子宜光先生による”DNAマイクロアレイ”と呼ばれる新しい検査法についてのお話を聴きました。
DNAマイクロアレイとは特定のDNAを感知する顕微鏡でしか見れないくらい小さな物体を、非常にたくさん敷き詰め、一気に数十種類のDNA検査ができるシステムです。
現在では定量性や何よりコストに大きな問題があってとても実用化するにはまだ時間が多くかかりますが、将来この検査が実用化になった暁には、我々の歯周病臨床が一気に変わるものと思われます。


| seiji0024 | 研究開発 | 08:05 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする


この記事のトラックバックURL
http://hayashi-shika.jugem.jp/trackback/271
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

bolg index このページの先頭へ