blog index

林歯科診療所

京都の歯医者林歯科診療所 院長日記
<< レーザー治療の機種選定 | main | 歯周病に良く効くジスロマック >>
歯周病治療の新たな取り組み
京都・下京・丹波口の歯科・歯医者 林歯科診療所では歯周病学会が推奨しているオーソドックスな歯周病治療に薬を使って治療する歯周内科を織り交ぜて、極力効率よく治療を行っております。
しかしこれだけの手法を駆使しても、歯周病治療には多くの期間・回数がかかってしまい、その結果残念なことに治療の中断もしばし見受けられております。

そんな中、先日栃木県でご開業の崔昌植先生による、1日で歯周病を劇的に改善してしまう画期的な治療法についての講演を聴きにまいりました。
崔先生自ら”ペリオメントSA−1”と名づけた治療法で、主にレーザーと高周波治療、それに当院にも設置している高濃度電解機能水を併用して治療を行う方法です。

元々1日で歯周病を劇的に改善させる概念は以前より特にアメリカで多く”フルマウスディスインフェクション”と呼ばれるもので多く提唱されていました。
この考えは、口腔内全てを連続した一臓器として捉え、全ての歯にこびりついている歯周病菌を一斉に除去せず、部分的に行うと未処置の箇所からの再感染が口腔内で起こってしまうので、できれば1日で歯周病治療を完了するのが望ましいというものです。

従来の1日で治療してしまう方法では、処置後の痛みや腫れが多くたいへん苦痛を伴うことが多かったのが、この崔先生の方法、レーザーなどを使うことによって処置後の不快症状が極めて少なくなっています。

ただ1日で歯周病治療を全て行ってしまう行為、これは一切健康保険が適応になりません。
また崔先生の方法で使用する機材、とくにレーザーが非常に高額機種のため、おおよそ3時間前後の処置で30万円ほどの治療費がかかってしまいます。
保険が使えないのは仕方のないことですが、もう少しコストを抑えて同じ内容の治療を皆様に提供できないものかと現在、思案をしているところです。


| seiji0024 | 歯周病 | 08:23 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする


この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

bolg index このページの先頭へ