blog index

林歯科診療所

京都の歯医者林歯科診療所 院長日記
<< 保険改正に当たってのうわごと | main | 手軽に京友禅を体験しませんか? >>
当院の歯科衛生士にとって必要なこと
京都・下京区・丹波口駅・梅小路公園そば・七条七本松の歯科・歯医者 林歯科診療所ではお越しいただいた患者様全員が、極力歯を削らず・失わずになっていただくことを願って、予防管理にとても重点を置いております。
しかし一言で予防管理といっても、実際行うことは簡単ではありません。
何より、歯医者さんを「駆け込み寺」としか考えてなく困った時にしか来院されない多くの方々に、定期的な予防管理の重要性をわかっていただかねばならないからです。

そのため当院の歯科衛生士で最も求められるものが、来院された患者様全員に
「歯を大切にする気持ちを持っていただき、そのためにご自身で手入れするセルフケアとかかりつけ医で定期的に管理するプロフェッショナルケア双方が必要不可欠である」ことを
心の底から伝える熱意です。

その熱意さえ持っていただいて日々、患者様に接していただければそれだけで医院にとって大きな力となります。

一方、スケーリングや歯面清掃などの技術的なものについては、技術的に未熟であっても全く気にしておりません。
こういったことは、実際に勤めていただいて院内の業務を徐々に覚えていただく一環で、ちきんと指導いたしますので少しずつ出来るようになっていただければ構わないからです。
特に当院では、プロービング・スケーリングなど簡単だと思われているような基本をおろそかにせず、とても大切にしております。
そのため一度に多くのことはあまり求めませんが、一つ一つの作業をじっくりと基本からマスターしていただきます。

というわけで、当院では歯科衛生士の募集・雇用にあたり技術的なスキルはあれば越したことはないのですが、あまり求めません。
ただし、非常に貴重な経験・スキルをお持ちの方に関してはその方が持っているものが最大限発揮できるように、こちらの業務を見直していきます。

患者様の生涯にわたる口腔の健康を保つことに熱意があり、そのことを通じて患者様・他のスタッフ・医院など多くの方から必要とされることに喜びを感じられる方・感じたい方、是非当院の歯科衛生士に応募していただけることを心待ちにしております。

*今回の記事は歯科衛生士さん向けに書いておりますので専門用語が混じって読みづらいことをご了承ください。
| seiji0024 | スタッフ募集 | 07:27 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする


この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

bolg index このページの先頭へ