blog index

林歯科診療所

京都の歯医者林歯科診療所 院長日記
<< 保険改正の説明会に行ってまいりました | main | スタッフ採用の苦い経験 >>
歯科医師国家試験の合格発表
3月29日に厚生労働省より第103回歯科医師国家試験の合格発表がなされました。
当初、厚生労働省の歯科医師過剰問題に対する対応から、合格ラインを厳しくし60%に近い合格率になるのでは?、と大変厳しい事前予想もあったのですが、結果としては全体として69.5%と昨年の67.5%を上回る結果となりました。
私自身、今回の国家試験問題はまだ見ていないので正確な感想はコメントできる立場ではございませんが、毎回国家試験問題を流し読みしている感想から申し上げると、ここ数年は非常に難解な設問が多く、学生諸君の苦労が肌で感じられます。
歯科医師の資質向上のためにはこんな難解な問題を正答できるようにするより、もっと臨床現場に即した経験、最先端の医療・研究レベルの情報、社会人・管理者として持つべき人間性の構築などを向上させていくほうが、ずっと重要だと考えます。
この歯科医師国家試験、元来の姿はきちん文部科学省で認められた所定の研鑽を積んで修了した者のみが、ある一定のレベルまで達しているかどうかの確認を行うだけの資格試験のはずなので、3割も落とされてしまうような選抜試験のあり方はいかがかと思います。
もし仮に、歯科医師過剰が問題であるならば歯科医師国家試験という出口で絞るのではなく、歯学部の入学定員削減や閉鎖といった入口で絞るのが本筋だと思います。
こういった問題、過去のしがらみなど全て白紙にして、国・歯科医師会・各歯学部で真剣に議論し、早く行動されることを切に願います。
| seiji0024 | ひとりごと | 08:04 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする


この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

bolg index このページの先頭へ