blog index

林歯科診療所

京都の歯医者林歯科診療所 院長日記
<< 自分では気づかない口臭 | main | 歯医者にエステサロン、そんなもの必要ですか? >>
歯周病検査の精度
京都・下京区・丹波口駅・梅小路公園の歯科・歯医者 林歯科診療所では綿密な治療計画をご提案の上で歯周病治療を積極的に行っております。
そんな中、歯周病治療に必須のものがなにより歯周ポケットの深さを測定する検査です。この検査を行わない限り、歯周病の治療全てを健康保険で行うことは認められていないため、歯石などを取る際には絶対に行わなくてはなりません。
実際、歯周病治療を進めていく上で、当院ではこの検査値を非常に重要視しており、この検査値によって治療計画や治療法に大きな影響を与えます。
しかしこの歯周ポケットの測定ですが、基本操作を徹底しないと全くデタラメな値が出てしまいます。
当院では私もしくは歯科衛生士がこの検査を行うわけですが、極力正確な測定値が得られるためにスタッフに教育しております。当院では他にもこういった基本的な手技に関しては徹底的にスタッフを鍛え上げています。
これについては苦い教訓がございまして、かつて当院に在籍していたスタッフに検査させていたもののうち、中には検査値に大きな誤差が見られ、かなり進んでしまっている歯周病を見過ごしそうになったり、現在との比較のデータに使えなかったりと、患者様にご迷惑をおかけしたことがございます。
結局、この基本を馬鹿にしていたスタッフは我々と方針が合わず、どこかへ去っていきました。
他にもあらゆるところでこういった基本中の基本を馬鹿にして、全くやらないかしてもいい加減なことをしている歯科医師・歯科衛生士を今まで私は数多く見てきました。
しかしどんなに優れた技術を持っていても、最初の検査・診断が間違っていれば正しい医療は絶対に行えません。
患者様にとってはこの歯周病検査、非常にまどろっこしく感じられることと思いますが、質の高い医療・安全な医療を提供する上で、無くてはならないものです。
何卒、ご理解の上よろしくお願いいたします。

| seiji0024 | 歯周病 | 17:09 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする


この記事のトラックバックURL
http://hayashi-shika.jugem.jp/trackback/202
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

bolg index このページの先頭へ