blog index

林歯科診療所

京都の歯医者林歯科診療所 院長日記
<< 3月の土曜日診療予定 | main | 民間保険会社の医療保険参入についての反対意見 >>
このむし歯、どうしますか?
京都・下京区・丹波口駅・梅小路公園の歯科・歯医者 林歯科診療所ではなるべく歯を削らないようにしていくため、予防管理型の診療体系を取っております。
その中で、削って治療すべきか経過観察すべきか境界線上のケースを頻繁に見受けます。
こういったケース、実は歯医者さんでこのあたりの判断が全く統一されておらず、この点に関しては以前にNHKの”ためしてガッテン”という番組でも扱われました。
私はどちらかというと、極端に歯を削らずに経過観察を行うスタンスで日々の診断を行っております。
そのためご来院の患者様からは頻繁に「この黒いところをどうして削って治療してくれないのでしょうか?」と苦情を受けることもございます。
それはこの写真のようなケースでは、きちんとした歯みがきと歯科医院での定期清掃、この2点をきちんと行うことによって、唾液が本来持っている再石灰化と呼ばれる虫歯修復作用を引き出して自然治癒もしくは現状維持にしていくことができます。

その代わりこの選択をするからには本当に様子を診せていただかねばなりません。
ですから定期的な検診や清掃は不可欠になります。
痛くなってからや歯が欠けてからしか歯医者さんに行かない方には選択できない方法です。

当院の予防管理システムはこのような根拠を下にご来院される全員の方に行っておりますので、どうかよろしくお願いいたします。


| seiji0024 | 予防歯科 | 13:34 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする


この記事のトラックバックURL
http://hayashi-shika.jugem.jp/trackback/198
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

bolg index このページの先頭へ