blog index

林歯科診療所

京都の歯医者林歯科診療所 院長日記
<< 記憶に残る本格フレンチ | main | 下京健康キャラバンを無事終了しました >>
こだわりの接着剤
京都市・下京区・丹波口駅の歯科・歯医者 林歯科診療所ではセラミック治療にかなりのこだわりを持っております。そのこだわりの内容ですが、接着について相当力を注いでおります。
かつてセラミックはすぐに割れてしまうといった先入観が我々歯科医師が強く持っており、どうしても金属を使った方法に逃げてしまいがちでした。
しかしそのことは患者様が本当に望んでおられることだとは思いません。多くの方が自然な見た目でとても美しいセラミックのほうが金属より魅力に感じられるのではないでしょうか?
我々の都合だけで患者様の選択肢を狭めてしまうことはあってはならないことです。
そんな中、私はセラミックの接着には長年愛用している材料があります。
クラレ社のパナビアという製品です。初めてこの製品が登場してから15年以上経過しているものと思われます。その後、数回の改良を経て現在のパナビアがありますが、この進化の過程は目覚しく特にセラミックの接着に求められる光で反応が促進する作用がとても強くなりました。
他の新製品に比べて操作が煩雑で扱いにいですがこの強力な接着力、さらに強化されたセラミックの接着に適した特性には変えられず、今もこだわりを持って使い続けております。

| seiji0024 | むし歯治療 | 08:05 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする


この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

bolg index このページの先頭へ