blog index

林歯科診療所

京都の歯医者林歯科診療所 院長日記
<< 中性電解水の殺菌力アップ | main | 手作りのてんぷら・かまぼこ >>
林歯科診療所のミスマッチ
京都市・下京区・丹波口駅の歯科・歯医者 林歯科診療所はおかげさまで最近は全く初めて当院に診察を受けられる新患様が毎日来られるようになってまいりました。
その一方、明らかに当院とミスマッチで来院される患者様もごくまれにおられまして、当方としても若干当惑しているところです。
よくあるミスマッチを挙げていきます

一番多いのが当方のレジン治療のページをご覧になった方です。むし歯の体積が非常に大きく明らかにレジン治療の適応外であるにも関わらず、保険治療で安易に白い歯が入ると思って来院されるケースです。適応については当方のページで詳しく述べているのですが、ご自分にとって都合の悪い文章を読み飛ばされるケースが多く見受けられます。

その次に多いのが顎関節症のページをご覧になった方です。顎関節症は比較的早期の段階で計画的に治療を受けていただければ、その後良好な治癒を得ることが出来る病気です。しかしかなりひどくなってからの治療になると治癒にいたるまでかなり治療期間がかかってしまいます。また、一旦開始した治療を勝手に中断されるケースも多く、困っております。顎関節症に関してはこのようにマナーを守られない患者様の比率が非常に高く、当院では顎関節治療の受け入れを今後お断りすることも現在検討しております。

最近になって多いのがマスコミの影響からか、マイクロスコープのページをご覧になった方です。マイクロスコープによる根管治療は、従来の根管治療の概念を覆すほどの革新的なものだと思っております。しかしこのマイクロスコープ、使いこなすために相当の鍛錬が必要で治療時間もかなりかかります。そのため健康保険の治療ではとても行えません。しかし有り得ない保険治療のマイクロスコープ治療を希望される方が多くいらっしゃいます。

逆に当院が一番読んでいただきたいページがあるのですがあまりそのアクセスは芳しくありません。
後日、当院が皆様に一番読んでいただきたいページについてお話させていただこうと思います。

| seiji0024 | ひとりごと | 08:25 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする


この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

bolg index このページの先頭へ