blog index

林歯科診療所

京都の歯医者林歯科診療所 院長日記
<< 11月19日(土)休診のお知らせ | main | 出生から嚥下・咀嚼機能の発達を考察する >>
保険外治療の説明に関して

セラミック治療やインプラント治療、それに矯正治療などの保険外治療に関しても林歯科診療所では毎日のように行っており、その頻度はかなり多くなっております。

これら保険外治療(自費治療)の料金設定は各医療機関で独自に定められており、その料金はまちまちです。

 

1.高い料金で高品質の治療を提供している医院、

2.低い料金で低品質の治療を提供している医院、

これに加えて

3.高い料金で通常の品質を提供して利ざやの大きな医院、

4.低い料金でコストカットを行いながら高品質の治療を提供する医院、

この4通りに分けられます。

 

通常の歯科医院はおおよそ1か2が大半だと思います。

さすがに3の歯医者さんは少ないのではないでしょうか?

手前味噌ではございますが当院は4に当たります。

林歯科診療所ではなるべく低い料金でコストカットしながら高品質の治療を保険外で提供しております。

しかし材料や人件費をコストカットしてしまうと、それは質の低下に直結してしまいます。

医院の利益を削れと言われることもございますが、常に最新の保険外治療を提供し続けられているのも一重に医院で挙げた利益を新しい技術の習得や設備に投資しているからで、このご要望にお応えすることは無理があります。

では何故当院が比較的安い料金で保険外治療を提供できるのでしょうか?

それは結構なコストがかかってしまう保険外治療に費やす説明を極力短時間で済ませているからです。その代わり院内で配布している冊子やホームページの内容を充実させて、皆様に長い時間説明を行わなくとも必要十分な情報を提供するよう心がけております。

 

そもそも何故、当院がこのように説明を省力化する代わりに保険外治療をなるべく安く提供しているかと申しますと、それはいままでずっと長く通って下さる患者さんのためです。この方々は全面的に私を信頼して通院してくださっていますが、少しでもこういった方々に手ごろな料金で保険外診療を提供したいからです。逆にこういった患者さんはそんなに長時間の説明を必要としませんので、それなら説明を省力化することで浮いた分、治療費を低く抑える方がずっと親切だと考えるからです。

この事は最近流行りの歯科医療コンサルタント会社の方針とは真逆ですので、他の歯科医院とあまりに方針が違って戸惑われる方も多く居られるのは事実ですが、あくまで私たちの考えは長年強い信頼関係で結ばれている患者さんへの還元ですので、この方針を曲げることは出来ません。

 

しかし矯正治療に関してはかなり専門的でわかりにくいですし、踏み込んだ説明がどうしても必要になります。しかしこれも当院ではかなり原価に近い治療費で提供しておりますので、時間のかかる矯正治療の説明を無料やなにか保険診療のついでに行うことはできません。ですから当院では矯正治療の相談に関しては5,000円(税抜)の相談料で、これも全く採算は合いませんが承っております。

 

ですから新規の患者さんにとっては当院は説明不足に感じられるかも知れません。

かと言って患者さんによって保険外診療の料金を使い分けるような姑息なこともしたくありません。

現在の料金体系を維持していくために、説明の省力化は避けられないところですので、是非お含みおきいただきたいところです。

 

 

| seiji0024 | 医院管理 | 09:22 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする


この記事のトラックバックURL
http://hayashi-shika.jugem.jp/trackback/1010
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

bolg index このページの先頭へ