blog index

林歯科診療所

京都の歯医者林歯科診療所 院長日記
<< Jimdo cafeのご紹介 | main | 6月1日(木)休診のお知らせ >>
今までの歯型は一体何だったんだろう?

ついに今年から私が日本歯科大学の学生時代、最も興味をそそられた講義をされていた丸茂義二先生の主催されている研修コースに参加することとなり、早速1回目に行ってきました。

 

今回の内容は正確な診断用模型を作ることでした。普段の臨床において診断用のために歯型を採ることは日々行っております。今までは別に被せ物や入れ歯を作るわけでもないから、と雑に型採りをしておりました。

 

しかしこの雑に型採りした模型はそこらじゅう狂っていて、全く正確でないことを思い知らされました。

そして正確な型採りを行うために実習が始まりましたが毎日やっている歯型採り、こんなにダメ出しされて何度も粉まみれの汗まみれでやり直しになったなんて本当に歯学部の学生実習以来でした。

 

まだまだ丸茂先生の域には遠く及びませんがこれだけ身体に叩きこむとさすがに残るもので、自院に戻ってから明らかに歯型の採り方を変えましたし、実際それを生かして入れ歯などの型採りを行うといままでより相当精度が上がった仕上がりになっております。

 

こんな体験をすると一体今まで自分が無数の型採りを行ってきたもの全てが一体なんだったんだろう、ととても考えさせられます。

しかしこれからまだまだ上のレベルを目指して過去にとらわれずに進化し続ける取り組みを続けていく所存です。

| seiji0024 | 咬み合わせ | 11:14 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする


この記事のトラックバックURL
http://hayashi-shika.jugem.jp/trackback/1005
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

bolg index このページの先頭へ