blog index

林歯科診療所

京都の歯医者林歯科診療所 院長日記
CAD/CAMの価格破壊
近年歯科技工で急速に普及している技術にCAD/CAMというものがあります。レーザー光線などで模型などの3次元情報を読み取り、それをコンピューター解析してかぶせ物や詰め物のデザインを行い、ソフトウェア上で構築したプランからセラミック塊などを自由自在に削りだして、かぶせ物・詰め物をつくるというものです。
この技術自体は15年以上前からあったのですが、その当時は精度が悪く使いものになりませんでした。その後、どんどん改良され現在では非常にクオリティーの高いものが出来るようになったのですが、これらの機器の大きさとコストが非常に大きな問題となって普及を妨げてきました。
ところが最近、ローランドディージー社より高性能でありながら非常に小型で手ごろな価格でセラミックブロックを削りだす製品が売り出されました。この商品はオープンシステムで多くの会社から出ているシステムと連動して使うことができるため、続々とこの製品と連動できるシステムが登場しております。
当院は院内技工を行っているにもかかわらず、ことCAD/CAMに関しては施設が無いため全て外注に出しておりました。
ただ現在では導入するだけの情報を持ち合わせていないし、そもそもセラミック治療の割合がまだそれほど多く無いため、これを院内で導入してしまうと大きな負担になってしまいます。
もう少しセラミック治療が増えれば真剣に導入を検討したいところです。
 
| seiji0024 | 歯科技工 | 09:30 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
本格的な歯科技工の稼動
京都・下京・丹波口駅・七条の林歯科診療所では昨年末より、歯科技工士も採用し技工業務の拡充を行ってまいりました。
そんな中、なかなか稼動できなかった技工業務があります。
それは”鋳造”といって型取りしたものから石こうで模型をつくって、そこから鋳型を作成し、その鋳型に高温で溶かした金属を流し込んで、思うままに金属を加工する技術です。

歯科領域でお口の中に入れる金属の大部分は、現在この方法で作られています。
そこで昨年より設備導入を行っていたのですが、実際に稼動しようとすると大事なことを忘れてしまいました。

それは鋳型を作る時に、高温の電気炉で鋳型を焼くのですがその時に、かなりのススが出てしまいます。
そのためこの電気炉のすぐ上に換気扇を設置しないと、室内の空気が汚染されてしまうのですが、すっかり換気扇の設置を忘れてしまいました。

そこで急遽、技工室の換気扇増設工事を行い、ようやく換気扇が設置され鋳造作業が滞りなく行えるようになりました。

この歯科医院内での歯科技工、年々軽視されるようになって来ましたが、インプラントセラミック治療などの高額な咬み合わせ治療を行う際には、必ず必要になります。院内技工の無い歯科医院がどうやってこういった治療の質を保っているのか私は不思議でなりません。

こちらの手違いで技工作業に遅れが生じましたが、現在は順調に稼動しておりますのでご安心ください。

| seiji0024 | 歯科技工 | 08:11 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
流行と逆行する院内技工の拡充
京都・下京区・丹波口駅・梅小路公園の歯科・歯医者 林歯科診療所では開院以来、簡単な歯科技工は院内で行っておりました。
この歯科技工、ここ数年でなぜか非常に軽視されるようになってしまい、最近の新規開業の歯科医院では「えっ!」と思うくらい患者様の目に触れない技工のスペースや設備が不十分な反面、患者様の目の触れる待合室・カウンセリングルーム・治療室を豪華な内装でスペースをとる傾向が顕著に認められています。
確かに、一見こうすれば患者様からはとてもきれいな歯科医院に見え、好印象を持たれるかもしれません。
しかし、実際技工スペース・設備が貧弱だと我々治療を行う側に立つと非常に使い勝手が悪いです。
しかも院内で行う急な技工作業にも対応できず、患者様に提供できる医療レベルを低下させる要因となります。
そこで当院では、この流行と逆行して現在、技工スペース・設備を拡張中です。
皆様の目に触れる場所ではございませんが、今後本格的な技工が院内でまかなえるようさらに、ハード・ソフト面、両方を充実させ、また経過を報告させていただきます。

| seiji0024 | 歯科技工 | 08:26 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

bolg index このページの先頭へ